責任ある鉱物調達に関する弊社の基本方針

今日では、コンゴ民主共和国やアフリカの近隣諸国などの紛争の影響を受ける地域からの特定の鉱物(スズ、タンタル、タングステン、金、コバルト)が、人権侵害、環境破壊、腐敗を含んだ違法または非倫理的な活動に関与する組織に資金を提供するという大きな国際的な懸念が高まっています。

紛争鉱物に関する米国の法律およびOECDのガイドラインに従い、サプライチェーン全体にわたって完成品に紛争鉱物が含まれていないことを確かにするため、合理的な原産国調査またはデュー・デリジェンス(適切な調査)を実施する必要があります。

弊社は、調達パートナーの協力を得て、紛争鉱物を製品に使用しないことを目的として責任ある鉱物調達に向けた継続的な活動を行い、お客様の満足と社会的責任の実現に努めます。